20代で頭皮が薄毛になりつつある人は猛烈に注意!

20代なのに頭皮が薄毛になりつつあるのなら...それは本当にヤバイ!!

 

でもまだ20代なら大丈夫、充分に頭皮薄毛から回復することだってできます。

 

でもそのためには正しい抜け毛予防対策を今スグしなきゃなりません。

 

一般的に健康な人の髪の毛は1日に60本〜100本くらいまでは抜け落ちます

 

それでも普通の20代が頭皮の薄毛になったりしないのは、次から次へと新しい髪の毛が生えてくるからです

 

でも20代で頭皮薄毛が気になるくらいですから、その薄毛体質を改善するには次の3つを正しく行わなければなりません。

 

やじるし毎晩、寝る前に頭皮を清潔にし、育毛ゴールデンタイムに熟睡する
やじるし食生活を改善して頭皮に流れ込む血流を増やす
やじるし抜け毛を減らして新しい髪の成長を促す頭皮マッサージケアを行う

 

この3つの抜け毛予防対策を今から始めておけば、20代の頭皮の薄毛は全然大丈夫。

 

たとえ遺伝性の薄毛だったとしても、正しい頭皮の薄毛対策を20代のうちからしておけば、遺伝すら克服することもできるようになります。

 

大事なのは『今、何をするか?』ということです。

 

 

まずは正しいシャンプー方法を!

抜け毛予防に一番大切なこと、それは正しいシャンプーをして頭皮の汚れを落とし、毛穴を清潔に保つということ。

 

頭皮が汚れる一番の原因は汗やアブラです。

 

これらの頭皮汚れを1日放置しておくと、脂汚れが毛穴に入り込みます。

 

そうすると毛穴が脂汚れでフタをされる格好となり、皮膚呼吸ができなくなるばかりか、古くなった脂分によって毛根や毛母細胞がダメージを受けてしまうのです。

 

頭皮汚れは20代の薄毛にとって最大の敵!

 

1日の生活で発生した汚れはその日のうちにキレイに落とすこと、これが最初の一歩です。

 

頭皮の薄毛対策にはスカルプDのような育毛シャンプーが良いのでしょうか?

シャンプーの役割は頭皮の汚れを落とすこと。
育毛シャンプーで髪は生えてこないので、頭皮に刺激の少ない無添加系のシャンプーを毎日使えば大丈夫、シャンプーを高額なものにする必要はありません。

 

シャンプーする目的を忘れないでください!

 

シャンプーの役割はあくまで毎日の頭皮汚れをキレイに落とすこと。

 

なので安いシャンプーでも全然大丈夫です。

 

それよりもこだわりたい点は次の3つ。

 

界面活性剤など合成成分を使用していない、頭皮に優しいシャンプーを選ぶ

頭皮ケアにとって科学的に合成された成分が含まれるシャンプーは、使わないほうが懸命です。たとえアレルギーがなくても、花粉症のように長年蓄積された化学成分でダメージを受けることがあるからです。シャンプーの目的は頭皮や毛穴についた脂汚れを落とすこと。なので福山雅治さんのようにシャンプーを使わずにお湯シャワーだけでも汚れがキチンと落とせればそれでOKなのです。20代の薄毛対策ならシャンプーを選ぶ際には無添加シャンプーを選びましょう。私が使用してみて良かったのはパックスナチュロンというシャンプーです。

 

手の指の腹、もしくは市販のヘッドスパブラシを使って頭皮と毛根の汚れを優しく落とす

シャンプーの方法も重要。爪を立てて頭皮を洗うと、頭皮にキズをつけてしまい炎症を引き起こす原因になります。頭皮の汚れ落としのコツは『とにかく、やさしく、ていねいに』が基本。手の指の腹をつかってやさしく丁寧に、もしくは市販のヘッドスパブラシを使って頭皮と毛根の汚れを優しく落とすます。シャンプーが脂を溶かしはじめるのは、つけてから2〜3分後なので、少なくともその間は頭皮をマッサージするイメージで優しく髪と頭皮を擦らずになめらかにシャンプーしましょう。

 

育毛ゴールデンタイム(夜10時〜翌2時)に熟睡する

髪の毛が成長する時間というのがあります。それは夜の10時から翌朝2時までにかけての4時間。この時間を育毛ゴールデンタイムといいます。なぜ夜10時〜翌2時が育毛ゴールデンタイムかというと、

 

頭皮だけに限らず身体全体に成長ホルモンが分泌される時間だから

 

この時間に熟睡しているかどうか、20代頭皮の薄毛には一番大きなポイントです。ついついスマホをいじりながら毎晩夜遅くまでゲームとかしてませんか?このようにスマホゲームやパソコンなど至近距離で凝視するように目を酷使するのも、脳に影響があり薄毛の原因ともなるのです。20代で頭皮の薄毛が増えてきているのもこの影響ではないか?とも言われています。20代で頭皮が薄毛なら尚更のこと、育毛ゴールデンタイムには熟睡する習慣をつけましょう。

 

26歳、薄毛で悩む男子です。タバコやお酒はやめた方がいいですか?

タバコは薄毛にとって最大の敵といっても過言ではありません。タバコを1本吸うとそのあいだは、血流が弱くなって鈍るからです。ニコチンはいわゆる血行不良の状態を作り出しますのでタバコは×。一方お酒は過度な飲み過ぎにならないかぎり血流を良くしてくれますので○です。

 

 

食生活を改善して血流の良い体質になる

薄毛に最も関係するのが血流、血液の流れがスムーズかどうかということ。

 

20代で頭皮が薄毛ということは、毛が抜け落ちた周辺の毛細血管に血液がうまく流れずに血行不良をおこし、髪の毛に必要な栄養素が毛母細胞まで届いていない状況です。

 

髪の毛の栄養素というのは、タンパク質とアミノ酸。

 

この2つの栄養素が毛母細胞にしっかり届けられなければ、毛根で髪が新しく生まれてこないのです。

 

つまり20代で頭皮が薄毛の場合は

 

やじるし良質なタンパク質を毎日摂る(赤身の肉、魚、豆腐、豆類、納豆)
やじるし髪の毛を育てるのに必要なミネラル分も合わせて摂る(亜鉛、鉄分、マグネシウム等)

 

といった食事を心がけなければなりません。

 

ですが26歳くらいだとなかなか食事で薄毛対策となる栄養素を毎日摂取し続けるのは大変かと思います。

 

コンビニ弁当や牛丼などではたとえサラダやお味噌汁をプラスしたとしても、薄毛を改善するのに必要な栄養素までは届かないからです。

 

そんな場合は、毎日の食事にプラスして髪の毛に必要な栄養素をサプリメントで摂取するようにするとお手軽で継続しやすいです。

 

逆をいえば、今までの食習慣が26歳で薄毛を引き起こしているとも言えますから、まずは今の食習慣を改めるようにしましょう。

 

遠ざけたい食べ物はアブラを含んだ食べ物、天丼・カツ丼・カツカレーなどです。

 

肉類でダメなのは脂分ですから、それ以外の赤身肉はタンパク質豊富なのでたくさん食べても大丈夫です。

 

豆腐や納豆は積極的に食べたい良質タンパク質ですし、緑茶の成分も薄毛には良いと言われていますから、緑茶を飲むようにしましょう。

 

 

正しい頭皮ケアマッサージ

抜け毛を防ぐこと、新しい髪の毛が育つ頭皮にすること。

 

この2つを同時に行えるのが頭皮マッサージ。

 

頭皮をしっかりマッサージすると、頭皮の毛細血管に血液が流れ込むので血行不良が改善され栄養素が届きやすくなります。

 

血液が頭皮の毛母細胞にしっかり届けば、栄養が行き届きますから抜け毛も現象してきますし、新しい髪も必然的に生えやすい頭皮になるのです。

 

毎晩、育毛ゴールデンタイム前にシャンプーで頭皮を清潔にしてから頭皮マッサージをする。

 

両手の指の腹を使って頭皮全体をあまり力を入れずに優しく動かすようにマッサージします。

 

そうするとだんだん温かくなってくるのがわかると思います、そう、血液が流れ込んでくるからです。

 

26薄毛にオススメの頭皮マッサージ方法

 

頭皮マッサージは毎日毎晩、寝る前に行うのが一番効果的です。

 

特に育毛ゴールデンタイム前に頭皮の血行を良くしておけば、それだけで成長ホルモンが循環しやすくなります。

 

毎日3分間、薄毛脱出への扉となるのが頭皮マッサージなのです。

 

 

頭皮マッサージ効果をより高める方法

頭皮マッサージをする際により血行促進効果を高めてくれるのが育毛剤です。

 

シャンプーしたあとの清潔になった頭皮を一度ドライヤーで乾燥させて、余分な水分をなくし、それから育毛剤を塗布すると頭皮に育毛剤が浸透しやすくなるのです。

 

その状態で頭皮マッサージをすれば、頭皮の表面側からも育毛剤の有効成分が皮膚に入り込んでいくので最大限に効果を発揮してくれるのです。

 

オススメなのはチャップアップ。

 

スキンケア大学でも効果のある育毛剤として取り上げられていますし、付属の育毛サプリメントも髪の栄養素がふんだんに配合されています。

 

26薄毛にオススメのスキンケア大学情報

 

20代頭皮の薄毛改善大作戦!

 

お金おかけずに抜け毛予防も充分可能です。

 

ですが、有効成分配合の育毛ローションと育毛サプリメントを併用すれば、より早く抜け毛予防を実感することができます。

 

だってこれ以上頭皮の薄毛が進むとヤバいでしょ...

 

そうなると30代前半には斎藤さんみたいになっちゃうし。

 

そうなる前に20代頭皮薄毛に原因対策をして、シッカリ髪の毛を増やしちゃいましょう!

 

チャップアップ 詳細はこちら